桃田賢斗の年収はいくら?世界ランキング1位の獲得賞金が凄い!

現在、バトミントン世界ランク1位まで上り詰めた桃田賢斗選手

大変な時期を乗り越えてきた今、東京五輪での金メダル獲得が大いに期待できる選手です。

そんな桃田賢斗選手ですが、気になるのは年収ですよね。

収入源は所属企業からの給料、出場した大会成績による賞金、

スポンサー契約の契約金3種類が考えられます。

それらについてまとめてみたいと思います。





■桃田賢斗の年収は?

桃田賢斗選手の年収は、2000万円を超えると言われています。

バドミントン関係者によると「実業団に所属するトップ選手であれば、2000万円以上の年収がある」とのことです。

桃田賢斗選手は、実業団としてNTTに所属していますし、世界ランク1位のトッププレイヤーでもあります。

ちなみに2019年の桃田賢斗選手の年収は5000万円を超えています。

バドミントン選手全体の平均年収は、約400万円〜500万円と言われていますので、

比較してみると、桃田賢斗選手がいかに凄い選手であるかが分かりますよね!

大会などでしっかりと結果を残せば一億円を超えるような収入を得られることの驚きました。

スポンサーリンク




■桃田賢斗のNTTからの収入は?


桃田賢斗選手は日本んがまだプロリーグがないために、

実業団としてNTT東日本に所属しています。

そのNTTからの収入は、年収にして約500万円と言われています。

金額だけみると普通に会社員と変わらないのかなと思いますが、

安心してください、バドミントン選手には大会などで獲得できる賞金があります。

それでも、プロの世界なので結果が全てで勝てなければ収入も上がりません。

とても安定は求められないですが、

現在は、実業団に所属しているので、生活には困らないので

安心して、試合に集中できますよね。

ただ、世界ランキング1位の桃田健斗選手クラスになると、そのような心配はないですよね

スポンサーリンク



■桃田賢斗選手のスポンサーは?

桃田賢斗選手はもともとヨネックスとスポンサー契約を

結んでいたようですが、契約は一度解除されたようです。

それでも現在も桃田賢斗選手は、ヨネックスのラケットなど使っているために

ヨネックスのホームページにもトッププレーヤーとして紹介されています。

現在のところは、桃田選手のスポンサーは、見つかっていません。

出来きれば、またヨネックスとの契約が再開されるといいですね。



■まとめ

バトミントンの桃田賢斗選手の収入は

所属企業の給料、大会の賞金、スポンサーとの契約金の種類になります。

所属企業のNTT東日本からの給料は年間500万円。

2019年に出場した大会の賞金は5000万円以上。

スポンサー契約は現在はされていない。

今後の活躍次第では、億を超える年収を得る可能性もある。

以上、桃田賢斗選手の年収についてまとてみました。

今年の東京オリンピックでの金メダルを期待したいと思います。


この記事へのコメント