緊急事態宣言で愛知県が除外された本当の理由が判明した?!

安倍晋三首相がついに、緊急事態宣言の発令を決断しました。
 
対象地域は東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県でした。

しかし今回何故か愛知県は含まれなかったのです!

Twitter上ではこのことを名古屋飛ばしと話題になり

それによって名古屋飛ばしがトレンド入りしていますね。

今回そんな愛知県が緊急事態宣言から除外された理由について、

ネットの声もあわせてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク



■緊急事態宣言で愛知県が除外された!

現状愛知県が緊急事態宣言の対象区域になっていない状態を踏まえて7日、

愛知県の河村市長が愛知・名古屋も対象にくわえるようにと

政府に要請すると話しました。

都道府県別感染者数トップ10
(4月5日12:00時点)

1.東京 897

2.大阪 388

3.千葉 219

4.愛知 216

5.神奈川 197

6.北海道 193

7.兵庫 182

8.埼玉 153

9.京都 105

10.福岡 67


感染者は東京、大阪、千葉、神奈川に次ぐ5位となっています。

では一体なぜ愛知県の名古屋は緊急事態宣言から

除外されているのでしょうか?

スポンサーリンク



■緊急事態宣言の名古屋飛ばしの理由は?

緊急事態宣言で愛知県の名古屋を含んでいない理由はハッキリしていません。

ネット上では様々な説が言われているようで

ひとつには愛知県の大村県知事の発言が

政府の専門家会議は新型コロナウイルスの医療提供態勢に注意喚起したことに対して

大村県知事が猛反論をし抗議したそうです。このことによって厚労省が、

今回愛知を除外した原因になっているのではないかと言われてます。


もう一つは中京圏は中京工業地帯と呼ばれる三大工業地帯の中核になります。

京浜工業地帯、阪神工業地帯をダントツで引き離し日本最大ともいえる工業地帯になります

四日市市には石油コンビナートが立ち並び、

愛知県東海市には製鉄所があり、愛知県豊田市や鈴鹿市周辺では

トヨタをはじめとする自動車工業が発達していて

この地域の企業活動が止まってしまうと、日本経のダメージが大きい為、

今回の緊急事態宣言を外したのではないかとも言われています。


最後に、感染者数こそ愛知県は全国5位ですが、クラスター追跡によると、

ある程度の封じ込めはできているようで、最近の感染者数増は

緩やかな曲線になっているようですね。

これらの事の兼ね合いもあり、緊急事態宣言の名古屋飛ばしになったのではないかと思われます。



■ネットの声


















■まとめ

という事で、今回は7日に宣言された緊急事態宣言で

愛知県が除外された本当の理由が判明した?!についてまとめてみました。

いくら緊急事態宣言がなされないとは言え、

愛知県の感染者数は全国で5番目という事に変わりはありませんので、

これまで以上に感染者が増えないように更なる対策を講じるべきだと思います。

おすすめ関連記事
緊急事態宣言で愛知県が除外された本当の理由が判明した?!
緊急事態宣言で仕事どうなる?保育園の保育料は?休業補償は?
緊急事態宣言で仕事どうなる?美容室は休止なの?理髪店はどうなの?
緊急事態宣言で仕事どうなる?物流が滞ることがある?!
緊急事態宣言で仕事どうなる?歯科医院は休業?大丈夫なの?!


この記事へのコメント